お知らせ

アフターサービスにこそ表れる?お客さまとの心の距離感

  • 2019.09.24 | ブログ

家は建てた時がゴールではなく、建った後からお客さまの新たな暮らしが始まります。

 

そこで大事なのがアフターサービス

 

本日は住宅業界でよく聞く「アフターサービスあるある」を検証していきましょう。

 

 

「来月行きます」じゃ、困るのに…アフターサービスが遅い理由

 

ハウスメーカーのアフターサービスで一番多いクレームは、「対応が遅い」。

 

なぜ遅くなってしまうのかというと、(大手さんだと特にそうですが)年間棟数がものすごく多いので、単純に手が回らなくなるから。

 

またスタッフの人数も多いため、営業スタッフとアフターサービス担当との連携がうまく取れず、話した内容がきちんと伝わっていない…というトラブルもよくあります。

 

とはいえ、お客さまにとって家のトラブル対応は急を要するもの。

 

一刻も早く来てほしいのに、「来週」「来月」と言われると「遅い!なんで?」と不満に思われるのも無理はありません…。

 

 

棟数を限定しているファンライフだからこそ、1棟1棟を手厚くフォロー

 

この点、少数精鋭でやっているファンライフはアフターサービスに強いんです☆

 

1棟に時間をかけて造る

→年間に建てられる棟数は必然的に少なくなる

→お客さまは選ばれし少人数

 

というわけで、建った後もお客さま1人1人とじっくりと向き合えるのです。

ファンライフでは1年、2年の一定周期でOBさま宅を訪問していますが、他にもお問い合わせがあればすぐに伺います。

 

家は時間が経てば、どうしてもクロスの継ぎ目やドアの開閉などに不具合が生じがち。

そんなトラブル時にも道具持参ですぐに駆けつけ、簡単な修理であればその場で直すことも可能です。

 

必要だと思ったことを即実行できるのは、小規模なハウスメーカーの大きな強み☆

 

建てた後も末永く、楽しくお付き合いしていきましょう!

まずは”家づくりの”お悩みを解決しませんか?

無料相談回

ファンライフでは、お客様の一歩を踏み出すお手伝いをしています。とことん対応させていただきます。

完全予約制 24時間対応。

Reservation

“完全オーダーメイド”のデザイン住宅を体感してみませんか?

無料相談回

定期的に現場見学会を行っています。ご予約いただいた方にはご案内できるタイミングで、ご連絡をいたします。

予約優先 数組限定。

→ 現場見学会のご予約はこちらから。