お知らせ

【間取り提案】入った瞬間「きれい!」と思わせる玄関のポイントとは?

  • 2019.10.31 | ブログ

本日はマイホームを検討中の皆さんに、ファンライフおすすめの間取りをご紹介します。

 

今回ピックアップするのは、家の顔である玄関☆

 

来客に「この家、広そう!しかもきれい!」と思わせるには、どんな工夫をすれば良いのでしょうか?

 

 

玄関を窮屈にしていたのは、靴箱だった!?

 

昔の家って、靴を脱ぐ場所が狭くて窮屈だったイメージがありませんか?

 

実は玄関を狭く感じさせていた原因は、靴箱。

 

60cmくらいの幅の靴箱があると、靴を脱ぐスペースは1mちょっとしか取れません。これが、なんだか狭苦しい印象をつくり出してしまっていたのです。

 

また、従来の靴箱はそんなに容量が大きいわけでもないので、家族全員分の靴が入りきれないこともしょっちゅう。結果、数足の靴が出しっぱなしになって散らかっている雰囲気も醸し出してしまっていました…。

 

 

 

玄関横にシューズクロークを造れば解決!

 

では今トレンドの玄関はどうなっているのでしょう?

 

最近では玄関に靴箱を置かず、横にウォークスルータイプのシューズクロークを設ける家が増えました。

 

お客さま宅を例に挙げると、このように全面に靴棚をつけたタイプが使い勝手が良くておススメです。

 

家族4、5人分の靴が余裕で入りますし、コートハンガーも造っておくと雨に濡れた服をそのまま干せて便利。またベビーカーや車いすを収納したい時にも、シューズクロークは重宝します。

 

その分のスペースをどうやって確保するかというと、リビングを少しだけ狭くすればいいんです。

 

リビングって実は用途が限られているので、狭くしても案外困らないことが多いんですよ。

 

詳しいご相談はぜひ、ファンライフへお越しください^^!

 

まずは”家づくりの”お悩みを解決しませんか?

無料相談回

ファンライフでは、お客様の一歩を踏み出すお手伝いをしています。とことん対応させていただきます。

完全予約制 24時間対応。

Reservation

“完全オーダーメイド”のデザイン住宅を体感してみませんか?

無料相談回

定期的に現場見学会を行っています。ご予約いただいた方にはご案内できるタイミングで、ご連絡をいたします。

予約優先 数組限定。

→ 現場見学会のご予約はこちらから。